介護福祉士とは

介護福祉士とは

国家資格です。その業務は、専門知識および技術をもって、身体上または精神上の障害があることにより、日常生活を営むのに支障がある方の心身の状況に応じた介護を行い、ならびにその方および介護者に対して、介護に関する指導を行うものです。


介護の実務経験のない方が「介護福祉士」の受験資格取得を目指す最後のチャンス

2007(平成19)年11月末に、「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正されました。これにより、現在介護の実務経験のない方が通信教育を経て「介護福祉士」国家試験受験資格を取得できるのは、平成25年度の入学生までとなります。
(※介護福祉士受験資格取得には、専攻科修了後に介護等の実務経験9か月が必要です。)


介護福祉士専攻の特徴

地域社会をひらき創るコミュニティ・ボランティアの育成をめざして開設され、1995(平成7)年には介護福祉士受験資格の取得も可能となりました。既に約34,000名が修了し、それぞれボランティアとして、専門職として、豊かな地域福祉の創造を目指し活動を展開しています。

活気に満ちた修了生の活動
修了生が自主的に緩やかにつながる同窓会組織「CSネットワーク」が全国的に広がっています。CSネットワークは地域に根ざした活動・交流・学習に取り組み、皆さんの学びをサポートする頼りになる組織です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です